鎌倉 Cafe 風雅

ちょっと間があいてしまいましたが・・・
旅行記をまとめてみました。

宗廟に続き、もう一つの世界遺産『昌徳急(チャンドックン)』のご紹介です。
韓国の五大古宮の一つで、14世紀後半から20世紀まで続いた朝鮮王朝を
現在に伝える古宮です。保存状態がとてもよいそうです。

正門の『敦化門(トンファムン)』から入場です。
DSC05291_convert_20121005121433.jpg

次に現れるのは、正殿の『仁政殿(インジョンジョン)』
門と建物の間には石が敷き詰められている広場があり、位によって並ぶ位置が決まって
したようです。(時々韓国の時代劇などでみかける風景でした)
DSC05293_convert_20121005121725.jpg DSC05297_convert_20121005121841.jpg
こちらは、王の即位式・朝礼・外国使臣の接見などの重要行事が行なわれていた
ようです。天井が高く広々とした贅沢な空間。とてもカラフルです

お隣の『宣政殿(ソンジョンジョン)』は、王が日常的な政務を行なったところです。
DSC05306_convert_20121005123430.jpg DSC05307_convert_20121005123516.jpg
こじんまりとしていて、中の装飾がとても美しかったです。

王宮の装飾は幾何学的で色とりどりでなのですが、落ち着く感じ。
 これは天井です↓
DSC05312_convert_20121005123939.jpg DSC05326_convert_20120910210623.jpg
 こちらは屋根の様子↓
DSC05313_convert_20121005123858.jpg DSC05310_convert_20121010163442.jpg 

他に皇太子のための場所や、王の妾や皇后様のための場所が続きます。
奥には池のある庭園など、プライベートな空間が広がっています。
季節毎に違った景色を楽しめるようですので、次回また、訪れてみたいと
思っています。

次回は街歩きとB級グルメをご紹介します!
スポンサーサイト

Date:2012/10/10
*    *    *