鎌倉 Cafe 風雅

季節のお便り

とってもとっても小さな可愛いお花『忘れな草』をお隣からいただきました。

  DSC01474_convert_20110425173222.jpg    DSC01485_convert_20110427154005.jpg

 根っこから抜いて移植していただいたものは、  途中でちぎれてしまった花は、
 すぐに根が付きました。増えるかな!?      ハーブと一緒にテーブルに飾りました。
 ムラサキ科 ワスレナグサ属           「かわいい」と写真を撮るお客様も・・・

悲しい名前の由来がありました
 中世ドイツでの出来事・・・
 騎士ルドルフは、ドナウ川の岸辺に咲くこの花を、恋人ベルダのために摘もうと岸に降りたが、
 あやまって川の流れに飲まれてしまいました。最後の力を振り絞って花を岸に投げ、
 「私を忘れないで~」と言葉を残して死んでしまったそうです。
 恋人ベルダは、この花を『忘れな草』と名付けて、ルドルフのお墓に供えました。
ドイツでも同じ意味の言葉が花の名前で、英名も『Forget-me-not』だそうです。

スポンサーサイト

Date:2011/04/27
*    *    *